定年後、働く?

定年後でも元気なことが多いですよね。 定年って、今だいたい60歳でしょうか。

年金の関係もあって、65歳くらいまで働くのも普通の事になってきましたね!

男性の場合、正社員として勤めていた会社に嘱託になって勤務を続けるとか、関連会社に行くということが多いのかな。

女性で主婦の場合、60歳くらいになると考えますよね。

夫が定年になるから少し生活の足しに働きたい、という人もいます。

体が元気なら、自分の自由になるお金を得るために働きたいということもありますねー。

夫に遠慮なく、旅行やショッピングをしたいと思いますから^^

60代だったらまだ体も元気だけど、あと10年たつとどうなるかわからない。

だから元気なうちにいろいろ楽しみたいと思うんですね。

まわりの人を見ていても、60代くらいまでは海外旅行に出かけていたけど、70代も半ばくらいになるとなかなかね。。 国内旅行が楽になるみたいですね。

おしゃれも60代くらいまではまだまだ現役で楽しめます。それを過ぎると楽で清潔なもの、という風に洋服選びの基準もシフトしていく感じがします。

なにはともあれ、自由にお金が使えたら楽しいですよね。それが大金じゃなくても1万でも2万でも毎月好きに使えるお金というのはほしいと思います。

年金とか受身的にもらうものじゃなく、自分の体を使って稼ぐのが楽しいし思いっきり使える気がします。

ただ、60歳過ぎてどんな仕事があるの?というところが問題。 しばらく家にいた主婦だといい仕事なんてないですよね。 でも、主婦のプロだからお掃除の手伝いとか、ベビーシッターなどはいいですね。

お母さん代わりになって若い男性の家の家事をするとか、エプロンサービスみたいなのが人気だそうです。 ただこういうのは体を使う仕事だから、元気じゃないとなかなかできません。

体力に自信がある女性にはおすすめかなと思います。 引越しの時のエプロンサービスなども単発の仕事としてありますね。 面白いところでは遺品整理なども主婦や人生経験が生かせそうな仕事だと思います。

仕事って今の時代いろいろあるんだな、と思います。 そういう意味でもいい時代だと思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ